MENU

就職難

 

就職難ということばは、就職氷河期とともに広く使われるようになりました。
新採用で就職できない人や、中途採用での就職などもできない状態が続き、就職難といわれるようになりました。
とくに女子の就職が落ち込み、就職難は深刻なものとなっています。
アルバイトをしながら、就職先を探している人も少なくありません。
また中高年の再就職も困難が極めています。
中高年は、経験があっても年齢的に就職は難しいといえます。
経験がなければ、余計に就職は厳しいものになります。
それは若い人に比べて、どうしても慣れるのに時間がかかるからです。
同業種で、ヘッドハンティングされた人であれば、就職難とは無縁であるといえます。
しかしそんな人はほんの一握りで、どの世代も就職難にあえいでいます。
同じ職種への転職で、経験があれば即戦力として活躍できる可能性はあります。
しかし、経験もなく、熱意も感じられない人に就職や転職の道は開けません。
経験がないなら、熱意でカバーするしかないのです。
熱意は、人を動かす最大のエネルギーです。
熱意が伝われば、就職難もどこかへ行ってしまいます。
まず、企業に熱意を感じさせることを目標にして、就職難から逃れるようにしましょう。

 

転職の種類

 

転職の方法はいくつかあります。
最も多いのは、自分のために行う転職でしょう。
スキルアップやキャリアアップを目的とし、自分の目指す仕事を探して転職するのは、当然のことです。
人間関係や仕事のことで悩んで転職する人は、少なくありません。
同じ仕事でも人間関係によって、楽しくも苦しくもなります。
転職をする人の多くは、人間関係に悩んでいるといいます。
転職後、楽しく働けるようになった人も少なくないと聞きます。
この場合は、自分で転職先を探すので、条件などが前の職場と比較して良くなるとはかぎりません。
それでも、嫌な職場で働き続けるよりはよいと、転職に踏み切る人もあります。
次に多いのは、ヘッドハンティングによるものでしょう。
企業側が優秀な人材を得るために、人材派遣会社に依頼して、個人的に転職をすすめるものです。
この場合、前の職場より条件はぐんとよくなります。
ただ、それだけの人材を探すのは大変なことです。
そのため人材派遣会社は、その人物にかんして多くの情報を入手し、依頼主の条件に合う人物かどうかを見極めなくてはなりません。
どんなに優秀でも、社風に合わなければどうしようもありません。
その点も併せて見極めることになります。

 

金融機関への就職

 

金融機関への就職は、ほかの企業への就職と異なり、身元調査をされると思っておいたほうがいいでしょう。
銀行などの金融機関は、金銭を扱う職種です。
不明瞭な負債の多い人は、就職が難しいといわれています。
また、家族や身内にそういった人がいる場合も、就職は難しいと思っておいたほうがいいでしょう。
就職での差別はあってはならないことです。
しかし業務に影響が出るようなことが予測されるときは、就職においてやむをえず差別が生じることもありえるのです。
金融機関へ就職するときには、ある程度の身元調査が行われます。
金融機関は横のつながりをもっています。
そこで、本人や家族の負債状況を確認します。
あまりに負債が大きい場合は、就職自体は困難だと思っておきましょう。
個別の面接で、負債状況を尋ねられることもあります。
日常的に金銭を扱う職種だけに、そういったことには敏感にならざるをえないのです。
金銭に困った人間は、何をするかわかりません。
人を疑うのは悲しいことですが、金融機関は顧客の金を預かる大事な場所です。
少しの危険性でも取り除く必要があり、それが一種の就職差別といわれても仕方がないのです。
不明瞭な負債でなければ、就職の障害にはなりません。

 

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク